早漏改善するのに手術を行う場合もあります

手術で早漏改善

 

早漏を改善する手術で代表的なものは形成外科、美容外科などで行なう包茎手術があります。

 

包茎には勃起時にも亀頭が露出しない真性包茎と勃起時には露出する仮性包茎がありますが、真性包茎は早漏うんぬんよりも性行為そのものに支障があるので手術が必要です。
衛生面からも手術することが望ましいと言われています。

 

仮性包茎の手術で早漏が改善するかどうかは賛否両論があります。
改善するという理由であげられるのは、露出した亀頭がつねに下着に触れるので摩擦に対する刺激に強くなるというものです。

 

改善しないとする理由は、それくらいではたいした差は出ないとするものです。
下手な医師にかかると失敗することがあるという理由をあげる人もいますが、これはどのような手術でも言えることでしょう。

 

包茎と早漏はその関係が強調され過ぎる面があるのは事実です。

 

日本人には仮性包茎の男性が多いので「包茎で早漏」と言われるとたいていの男性はドキリとします。
形成外科のホームページなどではこの心理をついて、包茎手術の効果を過大にうたっているものもあるようです。

 

包茎手術の他に、亀頭の敏感な部分にヒアルロン酸などの皮膚充填剤を注入して、性行為による摩擦の刺激を感じにくくするという手術もあります。

 

これは美容外科で行なわれているしわをとる施術と基本的には同じです。

 

ヒアルロン酸は自然に身体に吸収されるので、一定期間後に再処置が必要ですが比較的安全性の高い施術です。
早漏防止の効果は個人差が大きいようです。

 

亀頭のふちにリングを入れる、あるいは亀頭に小さな球をいくつか埋め込むという手術もあります。
これはおもに女性器に与える刺激を大きくする目的で行なわれるものですが、早漏改善の効果もあるとされています。

 

スプレーやサプリで早漏改善できなかった人は試してみる価値がありそうですね。