早漏改善の方法にスプレーを使う方法があります

スプレーで早漏改善

 

早漏改善スプレーとは、皮膚用の局所麻酔剤を配合したスプレーです。

 

亀頭が感じる刺激に対する感覚をマヒさせて、射精を遅らせる効果があります。

 

麻酔剤にはリドカインなどのポピュラーな表面麻酔剤が使われていて、副作用の心配はほとんどありません。
リドカインは痛みを感じる神経回路をブロックする成分です。
レーザー脱毛の痛みを取るときなどにも使われています。

 

麻酔スプレーなので、とうぜん亀頭が受け取る快感は減殺されますが、勃起力に問題がない場合は早漏予防として使用できます。

 

スプレーの回数など、使用してみて自分に合った量を調節します。

 

スプレーした後は必ずコンドームを着用する必要があります。

 

おなじ局所麻酔剤を配合したものに、スプレーではなくクリームタイプのものもあります。
これはぬってから効き目が出たらいちど洗い流してからセックスするものです。

 

勃起不全ぎみで早漏の症状があるという場合はバイアグラなどのED治療薬と併用することもできます。

 

重症の早漏で少しの性感でも射精してしまう場合は、早漏防止スプレーでは効果がない場合があります。
そういう場合は、ダポキセチンという成分を配合したセロトニンに作用する薬が有効なときがあります。

 

ペニスが受け取る快感を減殺して射精を遅らせるという方法は、必ずしもハッピーな早漏解決とは言えないので、使用量をできるだけ減らしていく方向で使うように心がけましょう。

 

スプレーを使用してピストン運動を行なうときのコツは、限界点ぎりぎりまで動くのではなく、余裕のあるところで動きを止めて小休止することです。

 

挿入したまま動かないで射精をガマンすることができれば、小休止をくりかえしながらトータルの時間をいくらでものばすことができます。

 

女性の希望する挿入時間で女性を喜ばせられるといいですね。